1977年創業のベルト、革小物製造メーカー、エタニティ
CLOSE
MENU

お知らせ お知らせ

酸ヶ湯

2019年6月17日

カテゴリ:カテゴリ無し

皆さんこんにちは。営業担当の深堀です。
前回に続きこれまでに訪問した温泉をご紹介したいと思います。
有名ですが酸ヶ湯温泉がこれまた思い出に残る温泉です。
千人風呂の評判がたかいのですが訪れた時期が厳寒の2月で、湯気がもくもく状態で千人どころか30㎝先しか見えなく一人で入っているかんじでした。訪れたときは雪が少なかったものの、なれない雪道を青森市街から運転し何とかたどり着いたのもいい思い出です。
それではまた。

ついにこの日が来た

2019年6月12日

カテゴリ:カテゴリ無し

こんにちは、営業担当の小峰です。
オリンピックに向けていろいろなスポーツが盛り上がっていますが!
ついに五十嵐カノアが、世界大会で優勝しました。日本人では初ですしアジア人でも初めての快挙です。
オリンピックに向けて運を持ってる人は、やはり決めて来ますね!おめでとう!カノア!
https://waval.net/99373/

再出発の川崎戦

2019年6月7日

カテゴリ:カテゴリ無し

ACLは何とかグループリーグを2位で通過して本戦に駒を進められましたが、
Jリーグ戦は令和になってから最悪の4連敗でしかもホームで1勝しか出来てない我等の浦和レッズ。
Jリーグ台節のホームでの広島戦は屈辱的な大敗で4-0で見事なまでの完敗!怒りを通り越して笑うしかなかったです。本当に情け(ヾノ・∀・`)ナイナイ
浦和はこの試合の翌日にこれまで指揮していた オズワルド・オリベイラ を解任しました。 
この監督は約1年前にレッズに就任(以前は鹿島アントラーズを3連覇に導いた人)それなりの結果(天皇杯優勝)を昨年は残してくれ、今期はそれ以上の結果を期待していたのですが・・・・・今期はダメダメ監督に成り下がり
昨年、オリベイラが就任する間に暫定監督として指揮していた大槻さんが新監督と成りました。この監督の昨年の成績はドローは有りましたが負け無し、その眼光の鋭さから組長(ヤクザ)と言うニックネームを付けられていますが・・若手を積極的に起用する監督さんで、選手もサポーターも期待大に人・・・
初采配はアウェーでの川崎戦。 去年のリーグチャンピョンであり、現リーグ2位の強豪の川崎・・・殆んど試合を支配されて後半早々の9分にあっけなく先制され時間だけが過ぎアディショナルタイムに突入!!!!!
5連敗かよォ~ と諦めかけていたラストのセットプレーに森脇選手の同点弾・・・・・・
試合終了のホイッスル

この監督は持っているのかな??? 
まあ、今季の優勝は厳しいと思いますが、川崎戦から再出発して上位に収まる事を期待したいです。
次節はホームでの鳥栖戦・・・・鳥栖は現在下位に低迷していますが決して侮れません。
リーグ戦でのホーム勝利を自分は未だ観ていないので、勝って勝利の美酒に酔いしれたい。

生産の大久保でした。

本領発揮

2019年6月6日

カテゴリ:ペット

こんにちは、代表の後藤です。

週末にタイラを川に連れて行き、撃った鴨を川から回収する疑似練習をしてきました。

ラブラドール・レトリーバーは泳ぎが得意で、この能力は鳥猟犬として最適なもので、狩猟の獲物である撃ち落された鳥を視認し、優れた嗅覚で臭いを探り当てて獲物が落下した場所までたどり着き、水に落ちた獲物であってもハンターの下へと運んでくることが出来る猟犬です。

今の時期は禁猟シーズンのため鉄砲は使えないので、木を獲物に見立てて川の中に投げ入れるとしっかり足元まで持ってきてくれました。

勿論急に出来たわけではなく、家に迎え入れた時からボールなどでしっかり練習した甲斐もありそれが成果となって表れたようで、飼い主の自分としてもとても嬉しかったです。

まだまだ出来ていない事もあるのでシーズンインまでしっかりと練習していきたいと思います。

それではまた。

温泉巡り

2019年5月31日

カテゴリ:カテゴリ無し

皆さんこんにちは。営業担当の深堀です。
これまで東日本を中心にいろいろな温泉を巡ってきましたが、一番印象に残っているのがこちらの青森にある黄金崎不老不死温泉。画像の通り海に面している温泉で
温暖な時期は海に沈む夕日を見ながら温泉につかるというとても贅沢なひと時を過ごせます。しなしながら自分がここを訪れたのは極寒の2月。列車の乗り換えに失敗し現地に到着したのは夜。すでに夕日が沈んだ後で、海中電灯片手に海辺の風呂を探し、何とか風呂に入ることができました。とても気持ち良く入っていたのですが、風呂からあがろうとしても風が吹きすさび、体についた水滴が体温を奪い、再度風呂に入りながらして、やっと脱衣所までたどりつきました。翌日からは風邪を引いたようで何しにいったのかわからない感じで帰京したこと、いまではよい思い出です。
今後折に触れてこれまで巡った温泉をご紹介できればと思います。それではまた。