1977年創業のベルト、革小物製造メーカー、エタニティ
CLOSE
MENU

お知らせ お知らせ

うどんも美味しい

2021年10月19日

カテゴリ:カテゴリ無し

先日紹介したお蕎麦屋さんにはうどんのメニューもあり気になっていたのでお店に訪れました。
実は自分はうどん派なので、蕎麦が美味しいからきっとうどんも美味しいと•••
鴨汁うどんも良いけれど、やっぱカレーうどんかなっ!
10分後にカレーうどんが運ばれてきて早速汁を一口・・・
あれっ??    カレーのスパイーシーさが無い!
最初に口の中に広がったのは濃厚なカツオ出汁の味(ほのかに苦味を感じます)その後追ってカレーのスパイーシーな味と香りが口の中に広がって・・・今まで食べたことのない味わい。
次に麺・・・手打ちの麺だけあってコシが有りツルツルシコシコのうどんが非常においしい。
麺をあっという間に平らげてしまって汁のみ余ってしまったので追い半ライスを注文!
ご飯を丼ぶりに入れてカレーリゾットの出来上がり。
二度おいしいって!
ちょっと癖のあるカレーうどんですが何だか病みつきになりそうです。
今度はカモ汁うどんかなっ?

大久保

蕎麦屋

2021年10月5日

カテゴリ:カテゴリ無し

休日は月に何度か運動不足解消の為、自分の好きな用水路沿いのコース(だいたい15キロ程度)を歩いています。
たまにはそのコースから外れて違う道を歩く事も•••
そんな中コースを外れて歩いていたら何やら良さげな蕎麦屋を発見!
自宅近くには何軒か蕎麦屋は有りますが正直それ程の味の店は無く、どうしても蕎麦を食べたい時は秩父まで遠出して食べに行ってました。
そんな中で発見した蕎麦屋。
ウォーキングを終え、身を整え、母を連れてその蕎麦屋へ•••
お昼時で外に並ぶ人が何組もいましたが待つ事30分やっと席に着きました。
さてご注文ですが、メニューにはたくさん並んでいます。街そば屋さんらしいメニューと、ちょっと凝ったメニューもある。
私と母は王道の天ぷら蕎麦を注文。
やってきましたお蕎麦、
昔の街そば屋によくある機械打ちのお蕎麦でなく完全手打。
細めで香りが濃くコシもあってうまいです。
汁もカツオ出汁がとても濃厚で箸が止まらない。
久々に本当に美味しい蕎麦屋に出会えて最高でした。
今後もちょくちょく通います。

大久保

新調しました

2021年9月30日

カテゴリ:ペット

皆様こんにちは、代表の後藤です。

2年半使用した初代ハーネスですが、猟場や山・川・海で酷使したこともあり、ボロボロになったので新しく買い換えました。

ブランドは初代と同じくドイツのラフウェア。
渓流釣りなどでタイラが登れない岩などがあった場合、引き上げられるように補助ハンドルがついているものを選びました。

渓流釣りは明日から禁漁に入り、来年の3月1日の解禁日までは釣ることが出来ないので、このハーネスの本格的な出番は3月以降になるかなと思ってます。
11月15日に解禁となる狩猟の際は色が地味すぎて目立たないので、初代のオレンジハーネスをもう1シーズン使おうかと思っております。


それではまた。

WEリーグ

2021年9月21日

カテゴリ:カテゴリ無し

女子プロサッカーリーグ(WEリーグ)が開幕いたしました。
今まではなでしこリーグという名称のリーグでセミプロの選手が主体のリーグでした。
リーグ名称の「WE」は「Women Empowerment」の略で、日本サッカー協会では「女子サッカー・スポーツを通じて、夢や生き方の多様性にあふれ、一人ひとりが輝く社会の実現・発展に貢献する」という理念で立ち上げたプロリーグです。
私の応援する浦和レッズにも以前から 浦和レッズレディース の名称でチームは存在していましたが、プロ化に伴い 三菱重工浦和レッズレディース とチーム名を新たに参加しています。
女子サッカーは男子に比べて技術的にもスピード的にも格が下と思われているようですが、
契約しているDAZNで2試合ほどTV観戦していましたが、以前の女子サッカーのイメージを払拭する程に、アグレッシブでスピディーで男子顔負けのテクニックの選手もいて迫力を感じました。
私は勿論 三菱重工浦和レッズレディース 推しなので応援するチームの試合しか見ませんが、今のところ2連勝の首位に立っています。
昨年のなでしこリーグチャンピオンなので、勢いに乗って初代チャンピオンへと突き進んでもらいたいです。
因みに推しの選手は日本代表も務める塩越選手です。
コロナも収束したら実際にスタジアムで声を張り上げて応援したい。


大久保

夏から秋へ

2021年9月16日

カテゴリ:アウトドア

皆様こんにちは、代表の後藤です。

今年の夏も去年同様、コロナの影響で胸を張って遊べる雰囲気ではなかったですね...。

そんななか週末は相変わらずタイラと一緒に人気のない山へ遊びに行っております。
今回はキノコ採り名人と一緒にマイタケ探し。

昔から【幻のキノコ】と呼ばれるほど希少価値が高く、見つけた人が舞い上がって喜ぶので【まいたけ(舞茸)】と名付けられたそうです。

8月末あたりから降水量や気温をチェックしながら、このくらいであれば生えているのではと日にちを絞って向かいましたがまだ早かったようで、お目当ての舞茸には会えませんでした。

画像のものも近縁種のトンビマイタケで、成長し過ぎて硬そうだったため泣く泣く採る
今度はシルバーウィークにリベンジしたいと思います!!

それではまた。